読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TimeCapsule💊

やったこと,やること,やってみたいこと

lsの色付け + cdしたらls

zshのlsコマンドを便利にしてみました。

参考記事: LS_COLORSを設定しよう - Qiita

lsに色を付けて見やすく

まずMacにはBSD版のlsしか入っていないので、 GNU版のlsを使えるようにします。

Homebrew経由でcoreutils(Unix系のOSで中心的なcat、ls、rmなどのユーティリティ群のパッケージ)をインストールします。

$ brew install coreutils

僕はTerminal, Vimのカラースキームをsolarizedにしているので、今回読み込むカラー設定もdircolors-solarizedにします。

$ git clone https://github.com/seebi/dircolors-solarized.git

.zshrcにてdircolors.ansi-universalを読み込んでみます。

eval $(gdircolors ~/dircolors-solarized/dircolors.ansi-universal)

zshの補完機能にも色を付けて見やすく

こちらも.zshrcに書き込みます。

if [ -n "$LS_COLORS" ]; then
  zstyle ':completion:*' list-colors ${(s.:.)LS_COLORS}
fi

cdしたらls

cdでディレクトリを移動してから中身を確認するためにlsをすることってかなり多い。

毎度面倒なので、ディレクトリを移動したと同時にgls -AF --color=autoを実行させます。

chpwd() {
  gls -AF --color=auto
}

終わりに

上記に加えてlsをglsに置き換えるエイリアス、cdなしでディレクトリ移動が出来るauto_cdの設定をしておくと便利かと。

これでまた少しTerminalライフが快適になりました。